楽天証券で引き落とし口座を変更する方法【つみたてNISA・投信積立注文】

積立投資 投資信託
スポンサーリンク

私は楽天証券で投信積立注文を行っています。つみたてNISAの口座も楽天証券で作っているので、今では完全にメインでお世話になっている証券会社。

管理画面がとても見やすくて使いやすい楽天証券ですが、引き落とし方法の変更に少し戸惑ったことがありました。そこで今回はつみたてNISAと投信積立注文の支払い方法の変更のやり方を画像つきで解説していきます。

楽天iDeCoの引き落とし口座の変更はネット上ではできず、電話をして必要書類を送って貰う必要があります。今回はつみたてNISAと投信積立注文の引き落とし口座の変更になります。
「証券口座に入金するのが面倒なので銀行口座に変更したい」「楽天カードでの支払いに変更したい」などの時は参考にしてみて下さい。

積立注文もつみたてNISAも引落口座の変更はできない!

いきなり真っ向から否定してしまいますが、楽天証券では投資信託の積立注文もつみたてNISAも引き落とし口座の変更はできません。積立金額、積立指定日、口座区分、ボーナス月設定などは変更できるんですけどね。

なので引き落とし口座を変更しようと思ったら、一度注文を解除して新しく注文設定をし直す必要があります。以下で投信積立注文、つみたてNISA、それぞれの方法を解説していきます。

投信積立注文の引き落とし口座の変更方法

楽天証券積立注文設定

楽天証券のトップページから「投信」→「積立注文」→「設定照会・訂正・解除」→「解除」と進みます。

あとはそのあとの画面で取引暗証番号を入力して解除ボタンを押せば積立注文が解除されます。

楽天証券の積立注文

次はもう一度積立注文をし直します。「投信」→「積立注文」→「積立設定」から自分の購入するファンド名を入力して検索をします。

楽天証券積立設定

設定をクリックします。最新目論見書を閲覧していない場合は閲覧をクリック。

楽天証券ご注文内容画面

積立金額、分配金コース、口座区分、ボーナス月設定などを以前の注文と同じにして、引落口座だけ自分の好きなものに変更しましょう。

あとは確認をおして積立注文設定を完了すれば、投信積立注文の引き落とし口座の変更が完了します。

つみたてNISAの引き落とし口座の変更方法

つみたてnisa

楽天証券のトップページから「NISA つみたてNISA」→「照会・訂正・解除」をクリック。

つみたてNISA解除

解除ボタンをクリック。あとは確認画面で取引暗証番号を入力して解除ボタンをクリックすればつみたてNISAでのつみたて注文が解除されます。

余談ですが、iFree S&P500インデックスは積み立てる商品に迷っている人にオススメ。アメリカの大型優良企業500社の株価からなる指数で、長期的にみての安定感と値上がり率は凄まじいです。

2018年7月にeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)というiFree S&P500より信託報酬が安い商品が登場したため、現在はそちらの方がオススメです。

投資の神様と言われるウォーレン・バフェットは自分の妻に「私が死んだ後は資産の90%をS&P500に投資しろ」と言い残しているくらいなんですよ。

S&P500に投資するオススメの方法は以下の記事で詳しく書いております。

バフェットが推奨するS&P500に投資するオススメの方法【ETF・投資信託・CFD】
現金の10%を政府短期債で、残り90%はS&P500のインデックスファンドで運用するよう指示しました(超低コスト投信で知られるバンガード社の投信を勧めます)。 2013年の「バフェットからの手紙」に自分の妻への遺言として書かれてい...

つみたてNISA注文

つみたてNISAの注文設定の解除が完了したら次は注文をし直します。楽天証券のトップページに行って「NISA つみたてNISA」→「ファンドを探す・選ぶ」をクリック。

つみたてNISAファンド名

自分が購入するファンド名を入力して検索ボタンをクリック。

つみたてNISA注文

注文するファンドの横のチェックボックスにチェックを入れて「一括積立注文へ」をクリック。あとは自分が設定していた注文を引き落とし口座だけ変えて注文するだけです。

以上、楽天証券でつみたてNISAと投信積立注文の引き落とし口座を変更する方法でした。知らなかった人の参考になれば嬉しいです。

コメント